117.Strawberyy fields forever-9-8(唯)×KoToDaMa

つまりは「Yes!」 そーゆーこと。 僕も行くから連れてくよ。現実だけに拘(こだわ)ることもないし。 眼を閉じれば楽に生きれる。見てきたものや聞いたこと全部でたらめだったら面白い。 僕の木には誰もいないみたいだ。 きっと高すぎるか、低すぎるんだろう。 そんなきもちわかるでしょう。 みんな笑ってくれれば 僕もそんな悪い気はしないはずだ。 <【口 隹】×古代文字> 【唯】[音]イ(ヰ)・ユイ [訓]しかり・これ・ただ [会意]口+隹(すい)。唯諾は応答の語である。また口に従う字とするが、口は祝告の器である(さい)で、祈り。唯は鳥占(とりうら)。はじめ隹を用い、のち唯・惟・維を用いる。鳥占によって神意の是とするところを隹という。肯定の応答である。

116.Tomorrow never knows7-14(明日)×KoToDaMa

心を遮断。力を抜け!低いウネリに漂えばいい。 死ぬんじゃない。シャバアーサナ 思考を捨て、虚無の身に任せ輝く。。。顧みる凡て。 だんだんわかっていく漢字、つまりは始まりの終わり やさいい終わりに向かっている。 <【明】×古代文字> 【明】[音]メイ・ミョウ(ミャウ) [訓]あきらか・あかるい・きよい・あける [会意]正字は■に作り、■(けい)+■(月)。■は窓の形。窓から月光が入りこむことを■という。そこは神を迎えて祀るところであるから、神明という。〔説文〕七上に「照らすなり」とし、また古文の■を録し、その字は日■に従うが、卜文・金文の字はすべて■に従う。〔詩、小雅、楚■〕「祀事孔(はなは)だ■らかなり」のように、神明のことに用いるのが本義。ゆえに〔易、■辞伝下〕「■■の■に■ず」のようにいう。黄土層の地帯では地下に居室を作ることが多く、中央に方坑、その四方に横穴式の居室を作る。窓は方坑に面する一面のみで、そこから光をとる。光の入る所が神を迎えるところであった。この方坑の亞(亜)字形が明堂や墓坑の原型をなすものであったと考えられる。周初の聖職者を明公・明保といい、周公■がその職を世襲したと考えられる。すべて神明の徳に関することを■という。 [訓義] 1.あきらか、あかるい、かがやく。 2.きよらか、きよい、いさぎよい。 3.あける、よあけ。 4.かみ、日月、天。

115.Got to get you into my life7-13(迎)×KoToDaMa

迎え入れるということ。 ぼくは孤独だった。 僕は車に乗った。 別の道だったら出会えなかった。 逃げもせず、嘘もつかずに向き合ってくれたひと。 いきなりあらわれた。 きみをぼくの人生に迎え入れなければ <【迎】×古代文字> 【迎】(■)[音]ゲイ [訓]むかえる [形声]声符は(こう)。■は二人相対する形。上下の関係でいえば仰・抑。彼方より来るものを迎えるのは■(逆)。逆・迎は双声の語である→■・逆 [訓義] 1.むかえる、でむかえ、むかえまつ、まちうける。 2.逆と通じ、はかる、おしはかる。 3.あう。

114.I want to tell you(Harrison) 7-12(舌)×KoToDaMa

舌の使いかたは難しい。いいたいことがいっぱいあるのに、君の前では コトバが消える。滑り落ちる。舌べろはローリング。そっけなく見えるだろう。 永久に待っているかんじ。 <【舌】×古代文字> 【舌】[音]ゼツ [訓]した・ことば [象形]口中より舌が出ている形。卜文の字形は舌端が分かれている 〔六書略〕に「吐舌の形にかたどる」とするのがよい。甲骨文の聞・飲などの象形文字には、口舌の形をそえている。[訓義]1.した。2.ことば。3.器物の、舌状に出ているところ。

113.Doctor robert 7-11(毉)×KoToDaMa

昼でも夜でもドクターロバート 生まれ変わる 新しい自分 特別なドリンク 気分がよくなる 腕のいいドクター ロバート <【医】×古代文字> 【医】 (■)[■][音]イ・エイ [訓]くすし・いやす・うつぼ [会意]旧字は■。■(えい)+■(酉)。■は■(えい)を■(う)つ形。矢を呪器としてこれを■ち、病魔を祓う呪的行為を毆(殴)という。またそのかけ声を■という。■は酒器。その呪儀に酒を用いる。古代の■は巫■(ふい)であった。ゆえに字はまた■に作る。 [訓義] 1.くすし、医者。 2.いやす。 3.あまざけのような飲物、うめず。 4.医、うつぼ。 [古訓]〔名義抄〕■・■ クスシ 〔■立〕■ イシ・クスリ [参考]■(えい)と■とはもと別の字。医はうつぼ(矢を入れる袋)。■は秘匿のところに呪矢を収め、かけ声をかけて邪気を祓う呪術で、その声をいう。■・■はその声義を承ける。

112.For no one 7-10(影)×KoToDaMa

夜が明けて 君の心は痛む 彼女のやさしい言葉が、あたりにまだ残っている もう彼女は君を必要としていないのに。 誰のためともなく流した涙の影 <【影】×古代文字> 【影】[音]エイ・ヨウ(ヤウ) [訓]かげ・ひかり [会意]景+彡(さん)。景は望楼状のアーチ門である京の上に日をしるし、日影をはかる意で、影の初文。彡は光や音をしるす記号。 →景[訓義]1.かげ、ひかり、ひざし。2.光によって生ずる陰、ひかげ。3.光によって生ずるかたち、すがた、かたち。4.影響を受ける、おかげ。。

111.And your bird can sing 7-9(唯)×KoToDaMa

世界七不思議を時証~ 飛び回る。そんなノリノリな貴方でも、、、 宝物が重荷になることもあるだろう。 うたえなくなっても ぼくは傍にいるよ 眼を莎座してよ あらゆる音を聞き分けて 君の小鳥はうたをうたう。 きみには僕が聞こえない? 僕が聞こえないかい? <【唯】×古代文字> 【唯】[音]イ(ヰ)・ユイ [訓]しかり・これ・ただ [会意]口+隹(すい)唯諾は応答の語である。また口に従う字とするが、口は祝告の器である口(さい)で、祈り。その口が蠱(こ)に禍されているときは雖となり、保留・限定の意となる。唯は鳥占(とりうら)。はじめ隹を用い、のち唯・惟・維を用いる。鳥占によって神意の是とするところを隹という。肯定の応答である。→雖 [訓義] 1.しかり、はい、よし。 2.発語の辞に用いて、これ。 3.神意によって与えられる特定のもの、唯一のものとして、ただ。卜辞に「唯(あ)り」と用いることがあり、その限定した用法とみてよい。

110.Good day sunshine 7-8(陽)×KoToDaMa

笑っている君が好き。 降り注ぐ陽射しが 足までもが火傷しそう 木陰で転がって 彼女は気持ちよさそう 誇らしい。そんな二人。 <【陽】×古代文字> 【陽】 [音]ヨウ(ヤウ) [訓]ひ・ひなた・ひかり・あたたかい・いつわる [形声]声符は昜(よう)。昜は台上の玉光が下に放射する形。玉の光は、魂振りとしての呪能があるとされた。阜(ふ)は、神の陟降する神梯の梯子。その神梯の前に玉をおき、神の威光を示す字であった。〔説文〕十四下にあるは日は玉の形。昜は陽光の■徴とされ、その力能を陽という。陰陽は古くは■昜としるした。陽はのち陽光の意となり、〔詩、小雅、湛露〕に「陽(ひ)に匪(あら)ざれば晞(かわ)かず」、〔詩、■風、七月〕「春日載(すなは)ち陽(あたた)かなり」のような句がある。〔七月〕「我が朱孔(はなは)だ陽(あか)し」はその引伸義。佯(よう)と仮借通用する。 →昜・佯[訓義]1.ひ、太陽、ひなた、ひかり。2.あたたかい、山の南、川の北。3.あきらか、あらわれる、あかるい、さかん。4.佯と通じ、いつわる。

109.She said she said 7-7(如是我聞)×KoToDaMa

彼女はいう。 「死ぬってことがどういうことなのか。 私知ってるわ。哀しいって言葉の意味もね」 如是我聞 かくの如くわたしは聞いた。 そんなこと言うもんじゃない 「子どもの頃を思い出せ、何もかもが 正しかったじゃないか!」 <【如】×古代文字> 【如】[音]ジョ・ニョ [訓]ごとし・しく [会意]女+口。女は女巫。口は(さい)、祝を収める器の形。巫女が祝を前にして祈る形で、その手をかざして舞う形は若。如・■に従う意があるのは、巫によって示される神意に従うことをいう。〔爾雅、釈詁〕に「謀るなり」とは、神意に諮(と)う意。卜辞に「王は其れ如(はか)らんか」という例があり、巫によって神意を諮う意であろう。神意を受けて従うので、また従順の意となり、「如くす」の意となる。「如何(いかん)」とは、神意を問うことをいう。 [訓義]1.はかる、神にはかる、神意をとう。2.したがう、神意に従う、神意のままにする。3.ごとくする、ごとし、神意に合うようにする。4.しく、およぶ、神意に近づく、ゆく、いたる。5.如何、いかん、神意は何かととう、いかんせん。6.若と通じ、もし。形容語を作る、忽若~忽如。

108.Yellow submarine 7-6(黄色)×KoToDaMa

潜水艦の国の物語さ 太陽に向かって出航して 波の下で暮らす 友だちみんな乗り込め バンドも演奏が始まった 足りてないものなんて 何一つない のほほん のほんほん 空の青 緑の海 黄色いサブマリン <【黄】×古代文字> 【黄】[音]コウ(クヮウ)・オウ(ワウ) [訓]き [象形]卜文の字形は火矢の形かと思われ、金文の字形は佩玉の形にみえる。いずれも声義を含みうる字である金文に長寿を「■■(くわうこう)」といい、黄は黄髪の意。〔詩、周南、巻耳〕「我が馬玄■たり」、また〔詩、小雅、何草不黄〕「何の■か■ばまざる」「何の■か玄(くろ)まざる」の玄黄は、ともに衰老の色である。黄を土色、中央の色とするのは五行説によるもので、その説の起こった斉の田斉(田・陳)氏の器に、黄帝を高祖とする文がある。 [訓義] 1.き、きいろ。 2.きばむ、色が衰える。 3.火のいろ、黄金、黄玉。 4.老人。また、幼児。 5.黄帝、中央。

107.Here,there and everywhere 7-5(分けあう知)×KoToDaMa

彼女が手を振る。それだけで。 ふたりともそれは素敵なことだろうと考えている 分け合う知。顧みて。 らららの宇宙 ぼくはそこに、あそにも、いたるところに そしてきみのそばに。 <【分】×古代文字> 【分】[音]ブン・フン [訓]わかつ・わける・はなれる・きまり・さだめ [会意]八+刀。八は両分の形。刀でものを両分する意。〔説文〕二上に「別つなり」とし、「刀は以て物を■別するなり」という。分割・分異の意より、その区分に従うこと、身分・名分などの意となる。

106.Love you to(Harrison)  7-4(合)×KoToDaMa

毎日はあっという間に過ぎてゆく、それはもう過去だ。 僕が老いぼれて死ぬ前に。。。人生はあまりに短いし。新しい人生は売り物じゃない。 そう 一日中、愛し合う。 君が望むなら。、。。 <【合】×古代文字> 【合】[音]ゴウ(ガフ)・コウ(カフ)・ガツ [訓]あう[象形]祝詞を収める器である口(さい)の上に、深く蓋(ふた)をしている形。盟誓などの書をその器中に収めて、合意の成ることをいう字で、金文の〔■生■(ちようせいき)〕に「來(きた)りて事(まつり)を合す」とは祭事の協議が成立すること、そのような会合に参加することを「■(あ)う」という。郷■のことを金文に「■■」というのもその意である。■は合を中にして二人対坐する形。■は食膳を挟んで二人対坐する形で■の初文。合議のため会するときは■がその字義にあう。合意のことをまた答といい、金文に「厥(そ)の■に合(答)揚(たふやう)す」のように用い、〔左伝、宣二年〕にも「■に合(こた)へて來り■る」のような例がある。[訓義]1.あう、文書を収めた器にふたをする、器■があう。2.合議の書を収める、合議する、合議が成立する。3.両者の意見が合う、一致する、みなが参加する、あつまりそろう。4.相応ずる、答える、かなう。5.相対する、匹敵する、たたかう。6.応・答と同義に用い、「まさに~すべし」という語法に用いる。7.器の名、はこ。8.量の名、升の十分の一。

105.I;m only sleeping  7-3(眠)×KoToDaMa

朝、別途のなか。夢の最中、 上流を漂っている どうか起こさないで、放っておいてくれ。 眠っているだけなんだ。 みんな俺のこと、怠けものと思ってる。でも気にしない。 俺から見れば、すごい速さで走り回った挙句、すべてが無駄なことに気づくんだ。 どうか起こさないで、放っておいてくれ。 眠っているだけなんだ。 <【眠】×古代文字> 【眠】 [瞑]説文のみ [音]ミン・メン [訓]ねむる・いこう・くらい [形声]正字は瞑に作り、冥(めい)声。〔説文〕四上に「目を翕(あは)すなり」とし、冥の亦声とする。冥は死者の面を覆(おお)うもので、幎冒(べきぼう)の■。もし冥を亦声とするならば、永眠の意となる。徐鉉は「今俗に別に眠に作る。是(ぜ)に非ず」という。〔広雅、釈詁三〕に「亂るるなり」とあり、目のくらむこと、すなわち眠眩(めんげん)することをいう。眠眩には瞑を用い、めくらみすること、眠は睡眠の意に用いる。

104.Eleanor Rigby  7-2(孤独)×KoToDaMa

獨り。ああ、この孤独な人々の物語を聞いてくれ。 エリナリクビー 結婚式の後、教会で米を拾う。 夢の中でいきている いったい誰のために。。。 マッケンジー神父は誰もきいてないのに、 説法はずつと続いている。 誰もいない夜中に靴下を繕い なにを気にしているのか。。。 その教会で亡くなり名前が刻まれた 手の土をぬぐいながら 墓から戻る 誰も救われなかった。 獨り。ああこの孤独な人々の世界。 <【獨】×古代文字> 【独】 (獨)[音]ドク・トク [訓]ひとり・ただ [形声]声符は蜀(しよく)。蜀に■(とく)の声がある。。蜀は牡獣の■形。虫の部分は性器。牝獣を尾といい、尾と蜀と相連なることを■(属)という。牡器を縊取(いしゆ)して去勢するを■(けん)、■(たく)して去勢することを■(たく)という。これらの字形を以ていえば、獨とは牡獣。牡獣は群を離れていることが多い。〔孟子、梁恵王下〕に「老いて子無きを獨と曰ふ」とあり、また人の孤独の意に用いる。 →属・■・■

103.Taxman(Harrison)   7-1(税)×KoToDaMa

え、税金、5パーじゃないですか? いやいや、全部もってかれないだけ感謝しなさい。 私は税金徴収人。 車に、道路に。 腰かけるベンチに。 冬には暖房に。 歩くときにはその足に。 なんのためにこのお金を使うのかって それは、お尋ねにならん、ことですなぁ。 <【税】×古代文字> 【税】[音]ゼイ・タツ・タイ [訓]みつぎ [形声]声符は兌(だつ)。[会意]八(■)+兄。兄は巫祝。祝詞を入れた器(■(さい))を戴く人の形。八はその上に神気の彷彿として下る意を示す。そのとき巫祝は神がかりとなり、脱我・忘我の状態となる。その■■(しようこう)の状態を■(悦)という。〔税率はほぼ一割を原則とした。また脱と通じ、舎(お)き放つ意がある。

102.Rain  15-4(雨)×KoToDaMa

雨だ、みんな駆け出して みんな逃げてる。 でもね、雨の日、僕は気にしない 晴れの日はいい天気 雨 日差し 雨 陽射し シンプルな心模様、聞こえる会 ただの繰り返しさ 降っても晴れても <【雨】×古代文字> 【雨】[音]ウ [訓]あめ・あめふる [象形]雨の降る形。全体が象形文字。

101.Paperback writer  15-3 (紙)×KoToDaMa

拝啓、編集者さん。 わたしの本を読んでもらえませんか? 何年もかけて仕上げました。 リアという男の物語です。 いやらしい男のいやらしい物語です 千ページの長さですが、1,2週間でもっとかけます。 書き直しがあればしますよ。なにしろわたしはペーパーバックライターになりたいから <【紙】×古代文字> 【紙】[音]シ [訓]かみ [形声]声符は氏(し)。■(せん)(すの子)ですきあげた全紙一枚をいう。〔後漢書、宦者伝〕に、■倫が樹膚・麻頭・敝布・魚網の類を以て紙を作り、■侯紙とよんで珍重されたことがみえる。紙の名はその以前からあり、この時それらの材料を用い、その製法が改善されたのであろう。

100.Run for your life 6-14(浮気娘)×KoToDaMa

ほかの男といられるくらいなら いっそ死んで呉れたほうがまし 用心する乞った。命がけ手 意地悪く嫉妬深く、、、 うまく隠れても、見つかれば一巻の終わり <【娘】×古代文字> 【娘】[孃][音]ジョウ(ヂャウ) [訓]むすめ・はは 良は[象形]長い■(ふくろ)の上下に流し口をつけて、穀物などを入れ、それをよりわけ、糧をはかることをいう。隋・唐のころから「娘子」の語が用いられ、隋に娘子軍があった。娘娘(にやんにやん)は母、娘娘■は子授けの神とされ、その■祭は殷賑を極めた

099.If I needed someone(Harrison)  6-13(刻)×KoToDaMa

恋人がほしい。 なんかあの子のことを思い浮かべて、 刻んでほしい 壁にしるしを 刻んでほしい あの日あの時 もっと自由な時間があれば <【刻む】×古代文字> 【待】[音]タイ [訓]まつ [形声]声符は寺(じ)。寺に■(ち)・特(とく)・等(とう)の声がある。甲骨卜文に「■(なが)し」、金文に「■(ゆ)く」のように■を用いており、それよりして待が分化したのであろう。金文の〔■公■鐘(ちゆこうけいしよう)〕に「■■を是れ寺(たも)つ」は持、また〔石鼓文、田車右〕に「秀弓寺■す」とは、■を待つ意である。

098.Wait 6-12(待)×KoToDaMa

ずいぶん長かった。 やっと家に帰れるよ。 どんなに寂しかっただろうよ。 待ってて。 今まで流した涙、、、 水に流して。 <【待】×古代文字> 【待】[音]タイ [訓]まつ [形声]声符は寺(じ)。寺に■(ち)・特(とく)・等(とう)の声がある。甲骨卜文に「■(なが)し」、金文に「■(ゆ)く」のように■を用いており、それよりして待が分化したのであろう。金文の〔■公■鐘(ちゆこうけいしよう)〕に「■■を是れ寺(たも)つ」は持、また〔石鼓文、田車右〕に「秀弓寺■す」とは、■を待つ意である。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画