090 日 アマテラス世界

平成31年4月1日(月曜日)20190401太陰太陽暦02010125戊辰05 原姿力発想090自然1 日 4月から「自然」の文字を探究します。 先月、3月の草木同様、ほんとうに大切な文字!楽しみだね! 01日02月 03昃(しょく)=ゆうぐれ黄昏 04明05昔06名07夕凪 夙08雲云 09旬 10雨11霊 12申13電14雷15寿16山17草摘み18水19河20災21火22光23赤 24土25基26石27聲28反 29辰30農 地震(12月) 現代でも重要な漢字ばかり! 自然と人工物、これは生命と創造という言い方に変えて365日を二分し考察する。 人類が古来から、その形をどのような目で見て、視点を拡げ、美の対象、祭祀対象としてきたのか。その根源的な発想を文字の造形から読み解く。 先ず太陽! 太陽系 その光がなければ、、、 これがなくては生きていけない。 あまりに用例が多いので、トレースした甲骨文から、 日の文字だけ抜き出した「日:甲骨文字造形」 シンプルな造形。 無為自然 yogaにおいても大切な「太陽礼拝」 水分 原宿エキシビジョン展示 「太陽礼拝」 四月ははじまりのとき、元号もあらたに、自然の世界を刻します. 原姿力発想090自然1 日 了。

<番外編>令和 甲骨文字

令和×古代文字(甲骨文字) 水分雑記。 美しい造形。卩(せつ)は蹲踞(そんきょ)する人の側身系。 かなり神道的な文字である。 甲骨365日では12月に予定していた人の文字「蹲踞」traceを 今回の元号の話をうけて、先に公開↓ この造形デザインの古代のひとの表現の姿は恭しく、自然の恵みを受け取って我々が生きているかのように。※土下座じゃないよ! うたうやしい祈り、そう生き物の中でヒトだけが意識的に感じ取れる仕草である。 原始の甲骨文字に多く刻まれていた文字。 3400年を超えた眞實の姿をどうぞ。 本来の原義は、やはり命令である。それも神、八百万の神々の信託を受けるもの。 のちに、我が国では、奈良~万葉の季節に、その神職の祈りは美しくも見えたであろうか。 「みことのり」を受け「よい」仕草で神々を迎え入れること。年に一度の大歳は例祭と呼び、例に倣う、令(たとえ)にならい、滞りなく無事に斎行されることを「よし」とする。 蹲踞する神職とはどのような存在か。人と神の間を郵便配達する。人と自然を繋ぐ。 万葉ののち、制度があやふやになり、筆をとり書き残すこと、延喜の時代で、文字を残さなければならなくなる半面、万葉の和の輝きは、まさしくこの國のはじまりの音連れであったであろうか。 令という言霊の造形と、原初の甲骨文にどのように刻まれたのか。 有識者に本格的な甲骨文字学者をいれて~笑。 また、カタチだけでなく音は従来の流れを汲んでる現代的な響き。 別の角度で音霊学的にみても、音で、その運気を感じ取れる。 めいじ たいしょう しょうわ(召~以=い) へいせい れいわ ※これらに共通するは、流れをつ

090聿(書) 甲骨365

平成31年3月31日(日曜日)20190331太陰太陽暦02010124丙寅03 原姿力発想089草木31 筆 31草木の文字ラスト! 「生」から始まった草木の文字。甲骨には草木に関連する文字がたくさん刻まれている。 干支では「未」が、伸び往く草木。人間の未来、そう、 自然との付き合い方の中で、いかに草木が大事!であったかが感じることができる。 今月は、草木。 生えてくるもの、 筆も生きている。毛である。 最後に、原初の筆の文字をtrace! <目で見て書して、口で音読!これ大事なり> イメージが深い場所で広がる「書(聿)」の原点! 以前の展示会では、書の文字を、掛け軸いっぱいに刻み創作した。 伸ばした筆! 歴史ある書の宇宙。 そのテーマは万葉の、言霊のうた。 NHK 古代文字祀り むらかみすいぶん展示会にて。 掛け軸 右から「書」「万葉(言霊のうた)」「喜」 そして蓺、ARTは、草木の呼吸とともにあった。蹲踞するひと、彼は、生き生きとした草木を手にしている。 参考:尹 攸 番外編:書 筆、建国 原姿力発想089草木31 筆 了。 むらかみすいぶん古代文字ART Beatles古代文字 123.⑤Fixing a hole 125と逆

089盡 甲骨365

盡す 筆関連文字 平成31年3月30日(土曜日)20190330太陰太陽暦02010124丙寅03 原姿力発想089草木30 盡(尽) 尽くす系?、省略しないで。笑 しっかり盡くしたい! 言霊の神さま。こころ盡し、盡すということ。 甲骨文字をtraceすると、文字造形のシンプルさ、それを継承していく知恵を楽しめる。 深い器の中を洗う、その器は神聖な祭祀に使用する「器」 細い木の枝のような棒(聿)を入れ、 水を加えて器中を洗滌(せんでき)する。大切な器の禊(みそぎ)を示しているようだ。 原姿力発想089草木30 盡(尽) 了。

088 竹 甲骨365

平成31年3月29日(金曜日)20190329太陰太陽暦02010123乙丑02 原姿力発想088草木29 竹 竹は古代から大切にされてきた。古典では竹取物語。楽器では尺八。 垂れ下がった竹の葉っぱの表現は、水墨画でも印象的に描かれる。 竹簡、木簡に文字は書かれ筆も生れる。 のちの書文化に大きな役割を果たした。 甲骨文字から竹と古代人との対話を想像するのもたのし。 以前、ご奉仕させていただいた鎌倉のお宮:葛原の小山の裏の山では、たくさん捕れる竹のこ。根っこが下部で繋がっている。ひとつ掘り当てると、どんどんとれる!!! ※金文の字形は、根っこで繋がる。 SS金文はタケノコが地面の下で繋がっていることを示す(二)が鋳込まれている。地面の奥まで描く、その観察力と表現。これが古代人の探究、自然との付き合い方であった。 そう、ちょうど、これからの時期 4月になるとっ、たけのこ御飯!美味しい! 原姿力発想088草木29 竹

087楽 甲骨365

平成31年3月28日(木曜日)20190328太陰太陽暦02010122甲子01 原姿力発想087草木28 楽 本日、甲子の日。あたらしい60日間のはじまり。 歳もひとつとったし、ちょうどいい。 草木の文字28文字目、甲骨365日87文字目は「楽」の文字 ほんとに楽しむってなんだろう。 人ではなく、八百万の神々を楽しませ、自然の恵みに感謝するために演武をする。 相撲は、現代まで連綿と続く神事である。ファンやビジネスがメインではない。 その音は、熊をも人を殺めるのをためらう音色か。 甲骨文では、地名「楽」として刻まれている。 甲骨の造形デザインが美しい。 草木がよろこんでいるようだ まさしく木々が楽しんでいる。 甲骨文には櫟の文字もみえる koiとgaku 糸をつむいで、そのあいだで、ささやくきたい。 そんな気持ちもわかるでしょう。 水分作品「音楽と恋」 楽しむ。古代と現代を繋いで、その音楽を確かめる。 地名用例が多いが、ホンモノは本物として甲骨文をしっかりtraceして造形ラインを習得し、古代文字アートは、想像力を羽ばたかせてもっと、もっと楽しめる!! Beatles古代文字 №152.④Ob-La-Di,Ob-La-Da 万葉の言霊を添えて。。。。 原姿力発想087草木28 楽 了。

086 來麦 甲骨文字をつかまえて。

平成31年3月27日(水曜日)20190327太陰太陽暦02010121癸亥60 原姿力発想086草木27 來麦 来;造形を基とする甲骨文字のトレース! その基本となる「來」(来)の文字変遷↓ そして來ると麥(むぎ)、この関係は深い。 「来」は現代と同じく「往来」とい文字も刻まれており、 オーライ!そう、強い言霊なんだね。 オーライ。そうそう、3月27日。 SNSにて、たくさんの誕生日メッセージいただきました。41歳に。 こころから、この場を借りて、ありがとう。 20年以上も前にバンドデビューした時の来ムギを思い出す。 イノセンスとグローインアップは反比例する。。。 10代の頃、佐野元春翁の歌詞が好きだった。 ライ麥畑でつかまえてJ.D.サリンジャー 古代文字の表現、深まって春がまた音連れる。 原姿力発想086草木27 來麦 了。

085歴 甲骨365

平成31年3月26日(火曜日)20190326太陰太陽暦02010120壬戌59 原姿力発想085草木26 歴 一年に一度、収穫の月がある。 その禾にあわせて一年という時の区切りの歴史がはじまったのかもしれない。 イネの束をふたつ、まるで門。鳥居の様だ。 曆の文字は後発の文字だが「歴」は甲骨文字に刻まれている。 しかも三期に!人類の歴史がまわりだした、その瞬間から! 歴史は繰り返す。人は、その積み重ねから学ばなけラバ! 人類の悲しい過ちも、その痛みから、導き出した恩恵も含めて。 そう、いじめというコトバはよくない。 繰り返す歴史の深さから、根っこから根絶する知恵が必要だ。 いじめ 【意味】 いじめとは、自分より弱い立場の者を、暴力や嫌がらせによって肉体的・精神的に苦しめること。イジメ。 【いじめの語源・由来】 1.苛める→弱いものを苦しめ、痛めつけること。つらく当たりさいなむこと。 2.虐める→ことさらに厳しく扱うさま。 <文字造形言霊考> 古代文字にはな存在しないが、可能性の「可」は祈りを込めた文字。可に艸がかかり腐っていく。 虎頭は、まさしく上部が虎のあたま。虐待、残虐、虚像、すべていつわりあざむくような虎の仕業か。 新しい文字は、のちの時代の社会情勢から生み出されることも多い。不吉な文字ならば浄化したい。さて、歴の歴史は? まずは上部「禾」と「禾」をtrace! 歴は、表彰することが古代の原義であるようだ。 禾と禾、まるで鳥居のように、その栄光の架け橋をクグル。 それは、緊張感を伴い、責任や、恥をも内服する。 選ばれて、果たさなければならぬ責務もあるだろう。 貞人名として

084 おもう 木を見る

平成31年3月25日(月曜日)20190325太陰太陽暦02010119辛酉58 原姿力発想084草木25  相 想う 憶う。思う。想う。念う。懐かしくおもう。 おもう ことはニンゲンにととって、大きな希望となる。 それは時に絶望も呼びこんでしまうかもしれない。。。 木を見て森を見ず。 しかし木の細部に目をこらして、 その細胞の奥底にの広大な宇宙もまた、 壮大な森であろう。 蘭亭序の「おもう」の考察は、前回のブログ(3月3日王羲之)にて。 木を見て、自然のエネルギーをいただく。 木にのぼって、目を見張る。監視や偵察の意味もあるだろう。 参考「乗」~古代文字 原姿力発想084草木25  相 想う 了。

083果 甲骨365

平成31年3月24日(日曜日)20190324太陰太陽暦02010118庚申57 原姿力発想083草木24 果実 果実は絵のようだ。 その造形は、見るからに、木には、多くの実が成る。 わが家の庭に、八朔の木が、一本生っているが、 たった1本の木から、数百の実がなるから、驚きだ。 身近な人におすそ分けが止まらない(笑) 古代人は、豊かな木の実に感動し、その実から学んだ。 さい は木に稔る。器の起源。ちくわ理論。 入れ物という概念は、ハロウィンのかぼちゃを刳り貫くように、 うまれたのかもしれない。 縄文土器を創った縄文人は、木になる実と共に育った。 美しい物語。 「果」をトレースする。地名用例もあり。在り! 五山にいのる。 そう、山々は神々でもあった。 澄んだ水。この大地をどっしりと、彩ってくれている。 ↑地名用例もあり。在り! その果実みのる木を丙(大きな案)にのせる造形↓ 古代において、大陸において重要な草木。 のちの古代中国の文献に伝説として刻まれるほど、 創造力をかきたてる「桑」↓ そして、祈り。サイ(口)の器を添えて、感謝! とげとげしたのは、喉が渇くけど、おいしい栗! あの堅い殻さえ破れば! いのり、サイと通じる考察は、深くしたい。 祈りが多すぎる。 それでもみんなのために。 民主主義。数が凡てならば、日本人はどうなる? 少数民族として、自然と東アジアと共存を願いたい。 ああ、 来年も庭の木に、果実がなるのが楽しみだ~! 原姿力発想083草木24 果実 了。

082和の香り。和為貴

平成31年3月23日(土曜日)20190323太陰太陽暦02010117己未56 原姿力発想082草木23 和、香る 平成の次の元号はなんだろう〜? 和の文字も、倭国の元号として古くから大事にされてきた漢字。そのコトダマの原始の姿も大切にしたい。 現代でも、大切な文字のひとつであろう「和」 現代の文字が、甲骨に刻まれていること自体がうれしい。イネ=禾、実り豊かな豊作と、1年の感謝は古代から変わらない。しかし! イネ=禾、では無い部分に諸説あり。 口であるサイは後起の文字。 原初の姿は、ヤクかリンか?! 甲骨文の文意を読み解くと、上甲や、唐へのご先祖さまへの丁寧な祭祀であることがわかる。そう、ここは、ヤクかリンかは、断定せずに、祭りにおいての重要なコトダマと理解する。 そう、イネ=禾と共に斎行する。和のまつり。 用例は今のところ一例のみ。貴重な甲骨文だ。 要素としては「香り」も似ている、、、この文字は禾と曰で成り立つが、甲骨にも刻まれている。芳しく香り高き未來への翌のまつり。自然の神さまへ、見えない香りまでも届きますように。。。ちなみに黍。 10年前に、和為尊を、和為貴と解して、 「和(やわら)ぐ」をもって貴(たっと)しと為す。という書掛け軸作品を創った。聖徳太子の時代の名句。今も変わらず和の魅力を放つ。あの頃は、合気道の稽古にも、夢中になって、柔らかさと強さを探究していたんだ。和=和らぐとは、しなやかな強さである。 和という文字にありがとう。 和が香る。 心から素晴らしい言霊だとおもう。 原姿力発想082草木23 和、香る 了。

081 季節のかみさま

平成31年3月22日(金曜日)20190322太陰太陽暦02010116戊午55 原姿力発想081草木22 季節 「季節」とは魅力的な言霊。 「季」の節目、折り目正しく。良き折々。四季折々。 この列島は恵まれた環境で、4つの季節が訪れる。 甲骨文字にはなんと、神として刻まれている! 八百万の神々。東アジアのひとなら理解しやすい自然のかみさまのひとつ。 穀物の精霊という説。この不思議な霊魂に承諾を得て、いのちのエネルギーがまた、再生する。それは自然なこと。折り折りの季節のなかで。 大地の命をいただくために、一年の収穫を喜び合う。 自然に感謝する。 我が国の象徴の祭祀斎行と同じ。 それだけで、いいのに。 AI兵器? 利己的な愛!? きっと根っこの大事な部分を捨て去ると、恐ろしい枝が生えるみたい。奇抜な風景が不自然な結果に。だからもう一度、自然をたしかめたい。古代人の刻んだ世界をtraceしよう。 子どもは、ちいさな自然。こどもと禾。 自然を排除せず、子どもたちを大切に。 自然と共に、生きて、いきたいね。 原姿力発想081草木22 季 了。

080年 甲骨365

平成31年3月21日(木曜日)20190219太陰太陽暦02010115丁巳54 原姿力発想080草木21 年 春分の日。新しい年を感じる日。 ※商王朝の次の周の時代になってから、年に一回の収穫から、現代の「年」の年数の意味が定着する。 商(殷)王朝の一年は「歳★」や「祀★」が用いられた。この移行は、マツリの虫から禾へ。祭器神具の歳から、より直接的、具体的なイネ=禾を1年単位としていったのであろうか。 1みのり 穀物の収穫 天95 2借りて「人」の意味にも。 <穀物の収穫>受ける。 お受けする(現代のお宮での授与品の受ける。=ウケる。) ←この甲骨レプリカは3月に安陽、世界遺産で購入したもの。水分所有。 シンメトリーの美しい古代の遺産。 年にまつわる甲骨をtrace 年みのり;穀物の収穫が一年に一回であることから、周代には年数を表す文字となる。商代には一年の意味として「歳」や「祀」が用いられている。商時代は、祭りと共に一年はあった。 原姿力発想080草木21 年 了。

079野 甲骨365

平成31年3月20日(水曜日)20190218太陰太陽暦02010114丙辰53 原姿力発想079草木20  (野)(春)屯 春に、春のこと。 春の野をかんじたい。 屯、純粋な青春に捧ぐ 木と木と土の物語。 原姿力発想079草木20  (野)(春)屯 了。

078木申木 倒木への祭祀

平成31年3月19日(火曜日)20190217太陰太陽暦02010113乙卯52 原姿力発想078草木19 木申木  倒木への祭祀 本日の文字は、現代は使われていない亡失文字。原始の風景が蘇る文字である。 以前、 修験道の立石翁に会いに、和歌山へいったときのこと。熊野古道ではない、ホンモノの熊野けもの道。 時たま、熊野古道に出ることもあるが、ほとんどは地図にない道、道? そう、紐や、鎖、そのむこうに名前の無い美しい滝。 あの滑り台では溺れかけた笑 そして最後に見たのが、倒木。 風や台風の後遺症か。。。巨木が折れたその場所は神秘の聖地であった。 花53 祭祀対象:倒木か?[説文なし] [音]シン 楷書(木申)[訓]木が枯れて倒れること 戊卜、以レ酒 鬱レ(木申) 花53 戊卜す、酒もちて、(木申)に鬱せんか [甲骨文用法] 祭祀対象 酒を灌ぐ祭。

077森(林) 甲骨365

平成31年3月18日(月曜日)20190318太陰太陽暦02010112甲寅51 原姿力発想077草木18 林 森 木がいっぱい。 甲骨文字の資料を大切にしている。 特に、その拓本や、写真は本物の刻みが感じ取れるからtraceには欠かせない。 やはり本物をなぞって確かめないと。ね。 木が一本。根っこもしっかり刻んで「木」 木がふたつで林。三つで森。 まず、林にも多くの甲骨文字が刻まれる。 このSUIBUNテキストは、ひとつひとつ甲骨をトレースし、林と森に関する文字部分を抜き取って、フォトショップで反転したものを集め作ったが、さらに深く本文の甲骨文意を追求していくと、発見!が尽きない。古代人の発想に、現代の感覚を合わせて感じ取れば、魅力的なアート作品のテーマとなる。最古から感化された未来アートの世界だ。 森が刻まれた甲骨は、英国所蔵甲骨集第1288片のため、手元には無かった。京都の最先端の錚々たる学者のみなさんに教わって情報を有り難く得た。なんと!立命館の落合先生に、この甲骨のデータはおくっていただいたので、trace作業をすることができた! 神秘的な「森の神」甲骨 Suibuntrace 千の森に祈りを捧げる。 …有曰千森、王(束戌)于沚、八犬・八豕。 …千の森に曰う有り、王之に(束戌=祭祀名)するに、八犬・八豕をもちいんか。 ※聖なる森に牛や犬、豚をお供えをしている。 【森】12[音]シン [訓]もり・しげる千森:祭祀対象 [会意]三木に従う。わが国では、もりは神の住むところ。〔万葉〕に「年蓄」を「もり」と訓する。[訓義]1.もり。2.しげる、しげるさま、多いさま、さかんなさ

076株(朱) 甲骨365

平成31年3月17日(日曜日)20190317太陰太陽暦02010121癸丑50 原姿力発想076草木17  株 朱色 今月みてきたように。。。しぜん、草木の文字。 木にまつわる古代人の造字法、その発想がすごい! たった一分の線、ひとつの点、それだけで、その世界を刻みこむ 木に験をつけてその部分を示し造形する。ザ・シンプル! 木にたった一本の線を+するだけ。 生きるにも見える。 本が好きだから 考察~續く。。。 原姿力発想076草木17  株 朱色 了。

075喪 甲骨365

平成31年3月16日(土曜日)20190316太陰太陽暦02010120壬子49 原姿力発想075草木16 喪 サイについて。喪から思考する あいのコトバ。 言の葉は、万葉のラブソングのように。 手紙も、木。 葉っぱをコラージュして、古代文字アートを楽しむ。 Beatles古代文字。ビートルズの曲ではないが、ジョンの声でのカヴァーは、魅力的だ。 62.⑨Words of love(Holly) ・Beatles古代文字 そして「喪」の文字。 木にかかるサイについて。 喪からtrace思考する。 ★故人に対する葬祭儀式から喪失の意味に。 <喪~器(粟)考察>この文字は粟(口)が四つあり、まるで「器」の原型の様だ。 白川翁は金文の造形から(しゅう)+犬としたが、、、器の文字の甲骨文字はあげていない。。。口(さい)は、祝詞を収める器であること。犬は犠牲。犬牲を以て清める意とする。この犬が、神聖な木+口(さい)=喪である可能性はないか。考察の余地あり!Suibun Beatles古代文字 操作 130.⑫Sgt.pepper's lonely heartsclub band(Reprise) 制作を続けていくと、どんどん試してみたくなる。 Beatles中期のポールのチャレンジ! コトダマは、多くのアイデアの器。 ポールのアイデアは尽きない。 甲骨文字はジャパンヒエログリフだよ! ポールにも伝えたい・Suibun 原姿力発想075草木16 喪 了。

074主 甲骨365

平成31年3月15日(金曜日)20190315太陰太陽暦02010119辛亥48 原姿力発想074草木15 主 主の造形は魅力的。木のひとつの重要な本質を表現している。このから甲骨ARTのアイデアがあふれ出る! 好きな禅語:主人公 オリンピックの松明、大祭の聖なる火 この文字は、木を燃やし、主となる言霊力をもつ。 白川翁は字通で甲骨文字を挙げていない。しかし甲骨文字にはしっかりと刻まれている。 さらに! 面白い文字を見つけた 主に尋ねる こちらの主は原義で、蝋燭の火(木材に火をつけ松明)として その火の減り方を測る文字の造形である。 この文字にある「尋ねる」の白川翁の左右の文字解読は、魅力的だが、金文の字形によるものだ。松明(たいまつ)のカタチである主と物体の長さを表した(尋)の初文は落合先生(立命館)の説。白川翁は残念ながら、字通では説文解字しかあげていない。今は亡き白川翁に尋ねたい。。。 思い出すのは0311 震災の影響で、夜は蝋燭の火で書を書いていた。 揺れる炎は、時間の蝋を削る。 命を削って書する。 テーマトーチソング・ブルハ「主」 原姿力発想074草木15 主 了。

073乗 甲骨365

平成31年3月14日(木曜日)20190314太陰太陽暦02010118庚戌47 原姿力発想073草木14 乗る 望乗 恥ずかしながら、、、子ども頃に木登りはした記憶がない。。。昭和産だけど… あ、思い出した。 大学に入った10代終わり頃、サークル旅行でいったときに、思い切って 木に登ってはしゃいでみた記憶が。。登るのは難しかったよー 「乗」の造形デザインは、まさしく人が木に乗り、高い場所から望みみること。 のりのり!で甲骨文字trace! 甲骨文字300年の時代を見ると、この望乗の祖先がいるという。 望洋(羊がふたつ) ノリノリで、ビートルズ古代文字! 77.⑦Ticket to ride 涙の乗車券:このころの日本の曲名タイトルは面白い。 付けた日本の音楽業界の知り合いは、曲を楽しんでつけている。 86.We can wark it out② ちなみに地面を真っ直ぐにすると「立」の文字。 しっかり地面に「立」ち、そして木にも登る。古代人の身体能力。身体を使って文字を発想。 原姿力発想073草木14 乗る 望乗 了。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画