• Japanhierogryph By Suibun

096.I;m looking through you 6-10(何処)×KoToDaMa


君は何処へ

きみの唇が動いた。振動、辰のごとし地震だ。

ぼくにはなにもきこえない、何も聞き取れない。

むかしのきみはもういない。中身が別人だ。

何処(いづこ)が透けて見える

たtぅた一晩で 消えてしまう。

君は何処へ

<【何処】×古代文字>

【何】7[音]カ [訓]になう・なに・いずく

[形声]声符は可(か)荷担する意。〔詩、商頌、玄鳥〕「百祿を是れ何(にな)ふ」、〔詩、商頌、長発〕「天の休(たまもの)を何(にな)ふ」とあり、古くは何をその義に用いた。甲骨文の字形は戈(ほこ)を荷(にな)うて呵する形に作り、呵・■(荷)の初文。金文に■に作る形があり、顧みて誰何(すいか)する形。のち、両字が混じてひとつとなったものであろう。

#むらかみすいぶん古代文字 #Japanhierogryph #Beatles言霊kotodama #古代文字アート #言霊アート #音楽と言霊 #甲骨文字書道

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画