• むらかみすいぶん

091 蹲踞と太陽


平成31年4月2日(火曜日)太陰太陽暦0227己巳06

原姿力発想091自然2 蹲踞と太陽

現代では使用しない漢字。その造形が、古代の発想の重要なカギを握る。

令和の令と同じく、下部は蹲踞する人の姿、こちらは太陽と共に蹲踞する姿。

我が国の平安なお宮の風景を想像させてくれるデザイン。

面白い不思議な甲骨文字はいくつか存在する。

この姿勢は、厳しい祭式を身体で表現している。

はじめて、神職の講義をうけたときは、つらい日々であった。

3年も超えると、その仕草は自然と身についてゆく。

人が意識的に取得し身体表現する神道的な蹲踞の造形。

3600年前から大切な姿勢であったこと。そして太陽とともにあったこと。

なぜか嬉しくおもえる。

徴兵制で、闘うのではなく

参勤交代はできないから神職制で2,3年。

教育はdanceじゃないよな。

日に蹲踞ではなく、立っている側身系は「衆」

衆以外で、日に蹲踞は、03日卩、19 日頁.である。

日関係では、

 暮 艸部→0302甲骨365日 記事

 星 艸部→0303甲骨365日 記事

 朝 艸部→0304甲骨365日 記事

 <良~口(丁)部へ→0106甲骨365日 記事 

 <衆~口(丁)部へ→0103甲骨365日 記事参照。

名→口部へ→5月 未来記事

原姿力発想091自然2 蹲踞と太陽 了。

#むらかみすいぶん古代文字 #甲骨365日

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画