• むらかみすいぶん

109古代から續く災


平成31年4月20日(土曜日)太陰太陽暦0316丁亥24

原姿力発想109自然20 災

河が予想以上に浪打、そのラインの震えが激しくなる。

さらに、その震えが増大しついに、河は、横たえ、上から下ではなく横までもはみ出してしまう。わざわいの造形デザイン。

現実の世界では、それは氾濫、津波、甚大な被害となり、人は「災」と呼ぶ。

川の三本が横になる、

そう空海の治水工事に間に合いますように。

1わざわいは、いくつかの文字造形で表現される。

自然災害、外来の来襲、傷、病気などの総称。

考察の幅が深まる。わざわいをうつ!

戦争でのわざわいと、自然災害。

人類が直面する脅威への祈りは古代から変わらない。

未来人は、これら甲骨文から、いくつかの解決方法を探せるだろうか。

原姿力発想109自然20 災 。

#むらかみすいぶん古代文字 #甲骨365日

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画