top of page

詩集『詠み人知らず』のうた。


甲骨文は未来人への手紙のようだ。

我が国にはたくさんの詠み人知らずのうたがある。万葉集4516首にも劣らず、甲骨(八万余片)にも、その旬の季節ごとに、さまざまな想いが刻み込められている。

三千年以上前の『詠み人知らず』のうた。その感覚をいま、これからぼくらはどれだけ受けとることができるだろうか。0521甲子

邑守 水分 (むらかみ すいぶん)

B5判 全50ページ オールカラー 2020年6月

厳選された80文字の実際の甲骨文。

その手書きトレースと、独自翻訳を詩的に詠んだ甲骨文集。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page