top of page

辰考5 農具創造・地震発生。最古の記録。

大地とともに、地面を踏みしめて生きてきた。二足歩行はその両手に自由を与え、何百万年もの試行錯誤の末に、人類はその自然物である石をついに自分たちの味方にした。しかし大きな地面は今も尚、予測不能である。大地も生きている。その「石」を創造物の原石として畏怖の念を抱き格闘してきたのが人類史。

われわれは好循環SAPIENSだった。



辰の上部は石造形。石器を加工して、艸木の呼吸を感じとる。



辰+力(亡失文字)

力造形は筋肉の象形ではない。鋤などの創造した道具である。反転すると「乇」となり

自宅の「宅」は、道具を保管する聖所。その宀(宮)においては神具となる。


自然物を探究し

道具を工夫して作り

丁寧に神具として清めた。


われわれの身近にあるモノたちが、今でもそのように扱えたなら

どんなに豊かであっただろうか。合理的で便利なものがいつでも換えが利くガタクタになるなんて。


最古の石。



女性は妊娠する。甲骨に刻むべき重要報告となる。

「安産祈願」の祈りや「妊娠」にまつわる甲骨文は多い。


辰のつく漢字は「ふるえ」ている。

唇はどこからどこまでが唇か。

魂振りは全身全霊で。



軍隊も震える。

※諸説アリ。石造形から石器などを止(すす)ませた農民一揆や反乱の仮説もある。

落合氏はパニックという表現をしている。甲骨文の解釈には、いくつかの仮説も参考とすべきだろう。



邑が震える。

地震の原形となる甲骨文字。

古代に地震がなかったとはいえない。

地震は都市である「邑」に大きなダメージを与え

人々はパニックに陥る。



自然災害の脅威。

その自然からはたくさんの恩恵も受けている。

震えるワールドを目の前にしてから、人類は何を得たのか。




それは畏怖の念をもち続けて創造しつづけること。

大地とともに、地面を踏みしめて生きてきた。


「書」とは地面にまっさらカミをはさんで、

地球と摩擦して生み出す世界。


われわれの足元にある

文字は3400年の根っこがある。









































Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索