top of page

雪の神。空へ大地へ。

2024年01月30日 癸巳の日 雪の神。


雨が雪に変わる。


その空から降る白いものをみて

鳥たちの「羽が舞っている」と、

そんな風におもった。


「神の種P010 」雪の神


恐竜を子孫にもつ空を天翔る鳥たちの物語。

羽(習)と翼(翌)は重要甲骨造形である。


十二支の最期の「亥」は王亥(おうがい)とも刻まれていて

王亥は、「鳥に喰われる王」である。


チベットの特別な僧侶(高僧)は、今も鳥葬で、最期には空へ飛び立つという。

羽ばたいて、また地上に。


自然は循環する。

暦も循環する。

そう、

われわれの亜細亜の暦は

直線ではない。

圓(円)である。



線(ライン)では円(circle)。

上下左右も平等に漲(みなぎ)る


そこには優越はなく、躁鬱もない。

まどかなる自然との共存が生み出したのは

好循環sapiensの撥想。

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page