053 言 甲骨365

February 22, 2019

平成31年2月22日(金曜日)20190222太陰太陽暦0118庚寅27

原姿力発想053祭祀22 言葉

SuibunTrace2018-19 むらかみすいぶん古代文字(こつこつ甲骨文字)道場。

 

 

もしかしたら平成。

今、現代ほど、おしゃべりな時代はないのかもしれない。

古代文字に触れると文字の大切さが身に沁みる。。。

 

それは、攻撃的な発言だったり、自分に言い聞かせるコトバだったり

「言う」と「語る」は文字造形としても異なる。

 

大事なコトバは、実は少ない。

「言挙げせず」という神道的なメッセージは、

古代の厳かな自然の草木をも表現しているのかもしれない。

 

言の甲骨文字。

 

 

発言は、告白とは違う。「告」は祭祀名として、自然神への報告をする祭りとも考えることができるが、「言」もまた力強い祭祀に関する用語だ。

 

甲骨文ひとつひとつに、言葉の物語がある。

 

 

言と「吾」を合わせた「語」の文字は甲骨には見えない。

のちの時代に創造された文字である。

王羲之の「語」になれば、もはや言は、一直線の省略に。

 

甲骨文字「言」に合わさる甲骨トレース

ここにもコトバの物語。

ぜんぶ、作品になりそう。

 

今は亡き、甲骨にだけ刻まれている文字から、古代の原姿力発想を紐解くことができるだろう。近代の書道界は、ネタ切れ、省略すればするだけの、、、

省略が、藝術となる時代。こんな「言」の文字も、、、

 

書の歴史から、文字を採取すれば、もはや「なんでもあり」

 

本来、文字の世界。

 

書の世界も甲骨文字から出発すべきなのに。。。

 

あ、おしゃべりがすぎたかな。

 

原姿力発想053祭祀22 言葉

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019

April 29, 2019