057豊 甲骨365

February 25, 2019

平成31年2月26日(火曜日)20190226太陰太陽暦0112甲午31

原姿力発想057祭祀26 豊

 

喜びから豊かに。

 

 

旧字は豐に作る。

白川説は、食器である豆(たかつき)の器に、多くの禾穀(かこく)を加えている形。

供えものの豊盛であることをいう。

 

甲骨文では、施設名「豊」としての記述があり、大切な食糧や財貨を保管する施設といわれているが、この豆(たかつき)に載せてお供えしているのは「亡(亡くなった人々)」である!

 

たかつきに丰(ぼう)=二つの玉が載る造形が、のちの時代に継承された。

甲骨文においては重要な祭祀名として刻まれている。

 

また新しいお酒。

祭祀において重要な御神酒の記述も「豊」の原姿である。

 

 

神道での神嘗祭は現代でも斎行されている。

 

 

江戸時代の書(貫名海屋)の「豊」

上部は、丰、たったひとつの、一品もの勝負の「豊」

 

豊かさとは何か。それは下部の器。ゆたかな太鼓の音と連動する。

現実に見えない響きあう豊かさ。

 

こんな原姿の発想もあるもんだ。

 

日々、豊かさを。

日々、古代文字ライフを!

 

原姿力発想057祭祀26 豊 了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019