061 暮 甲骨365日

平成31年3月02日(土曜日)20190302太陰太陽暦0126戊戌35

原姿力発想061草木02 暮

 

草木の間から、日(太陽)が沈む。。。

古代から暮らしには、いろいろな暮らしがあったとさ。

甲骨文には、田(かり)をする地名として、また祭祀名としても刻まれている。

 

弾き語りで、おおはたくんの「おだやかな暮らし」をよくカヴァーしていた頃、、、

 水分アート作品「暮らし」 NHK展示会「うたう古代人、踊らされている現代(2011~12)」

 

LIFE(ライフ)のテーマで、暮らしをえがく。

大きな文字を初めて書した作品は、なんだか草が踊っている。

 

ポイントは、足跡。

真っ赤にして、草むらに。

 

 暮らしの中に、足あとを。。。

 

 

原姿力発想 暮らし 了。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019

April 29, 2019

April 28, 2019

<