083果 甲骨365

平成31年3月24日(日曜日)20190324太陰太陽暦02010118庚申57

原姿力発想083草木24 果実

 

果実は絵のようだ。

その造形は、見るからに、木には、多くの実が成る。

わが家の庭に、八朔の木が、一本生っているが、

たった1本の木から、数百の実がなるから、驚きだ。

 

身近な人におすそ分けが止まらない(笑)

 

古代人は、豊かな木の実に感動し、その実から学んだ。

さい は木に稔る。器の起源。ちくわ理論。

入れ物という概念は、ハロウィンのかぼちゃを刳り貫くように、

うまれたのかもしれない。

 

縄文土器を創った縄文人は、木になる実と共に育った。

美しい物語。

 

「果」をトレースする。地名用例もあり。在り!

 五山にいのる。

そう、山々は神々でもあった。

澄んだ水。この大地をどっしりと、彩ってくれている。

 

↑地名用例もあり。在り!

 

その果実みのる木を丙(大きな案)にのせる造形↓

 

古代において、大陸において重要な草木。

のちの古代中国の文献に伝説として刻まれるほど、

創造力をかきたてる「桑」↓

 

 

 

そして、祈り。サイ(口)の器を添えて、感謝!

 

 とげとげしたのは、喉が渇くけど、おいしい栗!

あの堅い殻さえ破れば!

 

いのり、サイと通じる考察は、深くしたい。

 

 

 

祈りが多すぎる。

それでもみんなのために。

民主主義。数が凡てならば、日本人はどうなる?

少数民族として、自然と東アジアと共存を願いたい。

 

ああ、

来年も庭の木に、果実がなるのが楽しみだ~!

 

原姿力発想083草木24 果実 了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019