092 黄昏の~

平成31年4月3日(水曜日)太陰太陽暦0228庚午07

原姿力発想092自然3 黄昏と昃(しょく)

 

黄昏の街、、、

一日はその黄昏に至る迄、、、

古代はネオン光などない。夜は眠り、日の光と共に生活ははじまり、

黄昏て、一日が幕を閉じる。

 

正午にあがりきった太陽。そして 

その太陽が、頭上ではなく、手元、足元、どんどん日がくれて、、、

太陽が下へ!?

 

 

黄昏 古代人の発想がユニーク。

昃 その日が傾くその経過は地面に影の表現で刻まれている。

 

昃 日が傾いて霧が出た。

 

 

 

 

この文字は、「午後の時間」の用例として以外に、「人名」としても刻まれているが

大の角度が、ちょっとちがう??? 人名のほうが堂々としてる。別字ととらえるべきかもしれない。

 

タソガレの~街を背に~、たれそかれそ。

 

太陽と共に刻まれた人間の造形をもつ文字

0402 卩(蹲踞系)~日卩、日頁 

0403 人(側身系)~昏、大(正面系)~昃

太陽を人の関係は深い。熱い!

 

原姿力発想092自然3 黄昏と昃(しょく) 了。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019

April 29, 2019