110火が並ぶ。

平成31年4月21日(日曜日)太陰太陽暦0317戊子25

原姿力発想110自然21火

 

水の次は、火である。

火と水の民俗誌。神話にも多く語られる。

甲骨文字に深く刻まれた火の世界。

 

それはまるで巨神兵のように十干の10日間。火の十日間で世界を焼き尽くしてしまうのか。

 

祈りが必要とされた時、その城壁の都の門にて。

自然と、火と雨に、畏敬の念をいだきつつ祈るのであろう。

 

 

 

それは、街の区画を超えて、天の御空にも、

火が並ぶ。。。天体の異変を、明かりの無い真っ暗な夕闇で見る。

 

 

 

火のまつりは、現代でもお焚きあげ、

そして正月のどんと焼きも祭祀である。

 

連綿とつながる古代からの火への畏れ。

甲骨文字から、さまざまな風景がよみがえる。

 

 

 

マッチ1本

火事のもと。

乾燥した空気に、ご用心。

 

 

音にも熱い思いがメラメラ燃える

 

 

Beatles古代文字

38.Matcbox(perkins)  ⑬20火

 

 

原姿力発想110自然21火 了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019

April 29, 2019