111.And your bird can sing 7-9(唯)×KoToDaMa

世界七不思議を時証~

飛び回る。そんなノリノリな貴方でも、、、

宝物が重荷になることもあるだろう。

 

うたえなくなっても

ぼくは傍にいるよ

眼を莎座してよ

 

あらゆる音を聞き分けて

君の小鳥はうたをうたう。

きみには僕が聞こえない?

僕が聞こえないかい?

 

 

 

 

 

<【唯】×古代文字>

【唯】[音]イ(ヰ)・ユイ [訓]しかり・これ・ただ

[会意]口+隹(すい)唯諾は応答の語である。また口に従う字とするが、口は祝告の器である口(さい)で、祈り。その口が蠱(こ)に禍されているときは雖となり、保留・限定の意となる。唯は鳥占(とりうら)。はじめ隹を用い、のち唯・惟・維を用いる。鳥占によって神意の是とするところを隹という。肯定の応答である。→雖
[訓義]
1.しかり、はい、よし。
2.発語の辞に用いて、これ。
3.神意によって与えられる特定のもの、唯一のものとして、ただ。卜辞に「唯(あ)り」と用いることがあり、その限定した用法とみてよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019