125.Being for the benefit of Mr Kite!8-7(囈)×KoToDaMa

紹介します

カイトさん!です。

今宵トランポリン

ヘンダーソン一家も総出演

人も馬も飛び跳ねる

火の輪だってくぐる

世界に挑戦し続けます。

<【芸】×古代文字>

常【芸】

[字音]ゲイ [字訓]うえる説文■甲骨■ ■ ■金文■ ■[会意]旧字は■に作り、■(げい)声。芸は■の常用字体であるが、別に耕耘除草をいう■(うん)という字がある。正字は■(げい)に作り、〔説文〕三下に「種(う)うるなり」と訓し、■(りく)と■(けき)とに従うとする。土塊をもち、種芸する形と解するものであろう。卜文の字形は苗木を奉ずる形であり、金文にはこれを土に植える形に作る。土は■(社)の初文ともみられ、特定の目的で植樹を行う意であろう。すなわち神事的、政治的な意味をもつ行為である。〔毛公鼎〕には「小大の楚賦(そふ)(賦貢)を■(をさ)む」という。〔経典釈文〕に、唐人は種■の字に■、六芸(りくげい)の字には■を用いるというが、二字とも〔説文〕にみえず、〔説文〕の■も金文に■に作る字であろう。金文では■を遠邇(えんじ)の邇の字として用いる。 →執

[訓義]1.うえる、草木をうえる。2.わざ、才能、六芸。3.のり、さだめ、きわまり。4.まと、■的。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画