179.⑪The ballad of John and Yoko(洋)×KoToDaMa(音楽と言霊)

179.⑪The ballad of John and Yoko(洋子)<水分意訳ポエム>

 

パリから車でアムステルダム・ヒルトンに向かい

1週間ベットのなかで喋り続けて、新聞記者に答えた

「ベットの上からの平和について」

 

 

あー神様仏様、清貧を装って、姥捨て山に捨てられる

「まったく、あなたが好ぬ時は自分の魂以外、何も持っていかないでよ」

考えろ!

 

 

 

文字解説 

【洋】9[音]ヨウ(ヤウ)・ショウ(シャウ) [訓]ひろい・あふれる・うみ
[形声]声符は羊(よう)。〔説文〕十一上に洋水を斉の水名とするが、〔爾雅、釈詁〕に「多きなり」とあり、水の洋洋たるをいう。洋にまた■(祥)(しよう)の音があり、「湯湯(しやうしやう)」というのと同じ。
[訓義]
1.ひろい、ひろやか。
2.おおい、あふれる、さかん。
3.うみ、大波、大海、大洋。
4.海外、外国。
[古訓]〔名義抄〕洋 ワク・タヽフ・トク・オホユ・ユタカナリ/洋洋 ヤウヤウトタヾヨフ 〔■立〕洋 シヅカニ・タヽフ・タヾヨフ・ユタカ・トヽフ・ワカセル・ワタ・ヒタヽラス
[語系]洋・揚・陽・■jiangは同声。すべて汪洋として盛んなさまをいう。〔詩、衛風、氓〕「淇水湯湯(しやうしやう)として 車の帷裳を漸(ひた)す」の湯sjiangは、洋にもまたその声があり、通用する。

 

 

★古代文字アート(Beatles×古代文字)一部がロンドンで(メニアギャラリー)展示決定!(5月21ー25 2018)甲骨大祓詞(朝拝祝詞)Beatles×KOTODAMA(goodmorinig,朝129)

水分HPブログではビートルズアルバムの209曲それぞれのイメージを漢字一文字でイメージし、その漢字を、古代文字アートとして表現しております。また歌の歌詞すべてを古代文字書歌:オリジナル水分意訳してお届けいたします。

 

古代文字書歌(甲骨文字):むらかみすいぶん(HP: https://www.suibun.net/)

MurakamiSuibun: An ancient writers(JAPAN HIEROGLYPH)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019