192.⑫Get back(歸)×KoToDaMa(音楽と言霊)

192.⑫Get back(歸)<水分意訳ポエム>

ジョジョはカリフォルニアへ

葉っぱを求めに旅に出た。仲間は口をそろえて曰。

もういじゃないか

前にいた元の場所に帰ってこいよ!

文字解説 

常【帰】10(歸)17[音]キ [訓]かえる・とつぐ・おくる [会意]旧字は歸に作り、■(し)+止+帚。卜文・金文の字形は■と帚とに従い、止は後に加えられた。■は■肉の形。軍が出行するときに軍社に祭った肉で、これをひもろぎとして奉じた。軍が帰還すると、これを寝■に収めて報告祭をした。帚は寝■で■鬯(かんちよう)などを行うとき、酒をふりかけて用いるもので、寝■を意味する。婦人の■することを「帰」というのは、異姓の女が新たに寝■につかえることについて、祖霊の承認を求める儀礼を行うからである。帚は■鬯に用いる束茅の形。〔説文〕二上に「女の■するなり」という。饋・餽と通用し、食をおくることをいう。  →■ [訓義] 1.かえる、軍が帰還する。 2.おもむく、ゆく、よる、したがう、なつく。 3.とつぐ。 4.饋・餽と通じ、おくる。

★古代文字アート(Beatles×古代文字)一部がロンドンで(メニアギャラリー)展示決定!(5月21ー25 2018)甲骨大祓詞(朝拝祝詞)Beatles×KOTODAMA(goodmorinig,朝129)

水分HPブログではビートルズアルバムの209曲それぞれのイメージを漢字一文字でイメージし、その漢字を、古代文字アートとして表現しております。また歌の歌詞すべてを古代文字書歌:オリジナル水分意訳してお届けいたします。

古代文字書歌(甲骨文字):むらかみすいぶん(HP: https://www.suibun.net/)

MurakamiSuibun: An ancient writers(JAPAN HIEROGLYPH)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画