105 山の神さま。

平成31年4月16日(火曜日)太陰太陽暦0312癸未20

原姿力発想105自然16山

 

神社へお参りする際に、多くの階段を登る。

その更に上、もしくはお社の裏、その上が存在する。

そう、そのお社を守っている山があることが多い。

 

山を背にしている神社の中で、厳島神社の山の奥の院は特に思いで深かった。標高が低い山では、三輪山。そして橿原神宮の丘陵など。しっかりと感じとるなら、先人がいきついた場所の空気に触れるのが、本当のお参りではないだろうか。時間がとれたら、必ずご神体と共に、山とひとつになるといい。

 

八百万の神々のいた東アジアの古代は、甲骨文字に刻まれた山の甲骨文にも見える。

 山の上に虫。=它。

我が国の神話に見える三輪山を連想する↓

 

 山に関する甲骨文に興味深いものが多い。

 

原姿力発想105自然16山 了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019

April 29, 2019

April 28, 2019