<番外編>東京国立博物館:顔真卿

February 23, 2019

先日の話ですが、、、

 

 

蚕(かいこ)の頭といわれる一画目の点が深く左へ回転して二画目へ、最後は燕(つばめ)の尾の如く右へとはらう「之」

 

顔真卿に「之(ゆ)」く。。。

 

番外編:彡(顔の輝き)顔真卿に並んで、並んで、また並ぶ。。。

 

 

 

確かに書は、その時代の人の顔でもあった。

筆文字あそびの歴史をズラリ紐解くと、個性的な文字ばかり。時代に翻弄された宿命。だからそうなった。

 

我が国の顔は、和漢朗詠集から。

 

それは繊細な平安風のみやびな線。

この違いは風土も関係しているであろう。

 

さて「顔」の文字は甲骨の時点では存在しないが、

その額(ひたい)の輝きを表すであろう彡(さん)は、甲骨に、しっかり刻まれていた!

 

 

 

 

それは祭祀名。祖先へのまばゆい祭祀。

木の美しさものを「杉」といい、毛には虎彡(ひよう)・參(参)、

形あるもの輝きは形・彫、光彩あるものには彩・影・丹彡など、

文身には文彡(ぶん)・彰・虎文には彪(ひゆう)、酒香には酉彡(ゆう)、

鼓声には、音の輝き=彭という。

 

そして彦・顏(顔)

顔真卿の「顔」

 

現代の漢字には無いが、位牌(歹(がつ))に「彡(さん)」が付く文字も存在する。

 

 

顔真卿のあとは甲骨文字をしっかりと!

書道博物館へGO!

 

 

伊勢神宮に例えるなら、外宮から内宮へ。

 

外枠から核心部へ。それぞれの、その時々の時代の流行もいいけれど、おそらく、これからの未来は、ほんとうに深いところから連綿で。つながって始まる。

お願いします。中村不折翁〜。

 

館内の文字は、すべて、中村不折風にアレンジされている。

 

<かがやかしい賓おもてなし!>

 

 

地道にコツコツと甲骨。いちばん遠いところから、こんにちは。

 

長い道のり。

 

長い行列。

 

人混みをするり。

 

並ぶのは嫌だけど。。。

 

<番外編>東京国立博物館:顔真卿 了。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事