068 不 甲骨365

 平成31年3月09日(土曜日)20190309太陰太陽暦02010113乙巳42

原姿力発想068草木09  不

 

 

不は、漢文でも継承されている重要な文字である。

 甲骨をトレースしての大きな発見は、

生きるの反転であるということ。

 
合13726は、【不+又】で、人名であるという説があるが、

右部は、又ではなく、草、生きるのようにも見える。

 基本甲骨として、天候の占は多く刻まれる。

 

不の用法としての、甲骨文を地レース(三例)

 

symmetryの甲骨では、

左右に、降るか、降らざるかが、

肯定否定が刻まれる。

 

 

 

 おおよそ、祭祀に使われるのは、現代でいう榊と同じであろう。

ときたま、萎れた玉串を飾ったままの神社があるが、不浄である。

命あるものの、祭りには、命ある草木が必要だ。

 

 

のちに、菩薩という仏教語が生まれるが、菩薩の「菩」はまさしく草木が萎れたあとの実、そして口(サイ)、祈りではないか。

 

水分アートとして、「生不」

 

 

死は、歹+人。残された人が歹(位牌)を拝む姿である。

「生きる」の対義語としては「不」が原姿力発想の基ではないだろうか。

最新で最古の、対義語。不↔生 生↔不

 

 

 

 

平成31年3月09日(土曜日)20190309太陰太陽暦02010113乙巳42

原姿力発想068草木09  不

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019