146.The inner light(Harrison)  (光)×KoToDaMa

旅なく到着

向けずに観自在

為すことなく為す

外へでなくても、、、

窓の開けなくても、、、

遠くいくほど知っていることが少なくなった

その先に

【光】 [音]コウ(クヮウ) [訓]ひかり・ひかる

[会意]火+儿(じん)(人)。人の頭上に火光をしるし、火を掌る人を示す。見・■(望)・先・■(聖)・■(かん)、また聞の初文など、すべてその機能を上に掲げるもので、同じ形式の造字法である。殷の金文に光の下部を女の形に作るものがある。〔説文〕十上に「■なり」とあり、光明の意とする。金文の〔令彝(れいい)〕に「用(もつ)て■丁(父の■号)を光(かがや)かさん」、〔毛公鼎〕「■武の耿光(かうくわう)」、〔晋姜鼎(しんきようてい)〕「■(いそ)しみて厥(そ)の光剌(くわうれつ)に揚(こた)へん」のように、光栄・光烈の意に用いている。  →見・望・聞・聖・先

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画