017 寝 甲骨365

平成31年1月17日(木曜日)20190117太陰太陽暦1212甲寅51

原姿力発想017お宮7寝

netai,

もうちょっと寝たい(笑)

そんな冬の朝。。。

「寝」の文字をさぐる。

原子力発想 寝

【寝】13(寢)14

[音]シン [訓]ねる・みたまや・やむ

寢の初文は宀+帚。箒の形は高貴な女性の象徴である。

家(宀)を守る人。

お宮(宀)をまもってくれるひと(女性)

帚(そう、ほうき)は、造形的には、下部が柄である。

上部は、羽で掃く部分を描き、全体は、

まるで装飾品のように立てかけている。

立懸けてあるということは、シンボルか。

お宮の象徴としての役割を持つといえる。

下部は案のなかでも足がしっかりとした高級家具である。

祭祀のなかの最強祭具=案(T)の豪華なもの(おおきいもの)が「帝」であり、その帝の造形に、箒は似ているのである!

お宮の中の祭具は貴重なものであり、

帚(ほうき)はシンボルであった。

婦は、甲骨文では、商王朝の長の皇后に冠せられることが多く、高貴な婦人の象徴として使われる。

この帚を宀の中に置いた文字「寝」は寝殿として、この寝の上に、東西南北を冠して、東寝、西寝(合34067)や、新寝の文字もみえる。

王の寝殿を作る。

甲午貞、其令多尹 作王寝。合32980

甲午(31)貞う、其れ多尹に命じて 王の寝を作らんか。

婦において重要なことは、女性の名前として多く刻まれていること。

およそ100人以上、その土地の名前や、特徴を 婦某として刻んだ。部首わけをしても「女」に纏わる文字が、なによりも一番多い。

甲骨文においては、女性の妊娠や出産祈願などを占うということが、いかに重要なことであったかを証明している。誤った認識の男尊女卑や、のちの社会での悪しき女性蔑視の思想は古代の原点にはない。このことは、生きとし生けるものの命を育む基本として、原姿力発想として強く伝えたい。

帚(ほうき)のトレースにおいて、不思議な文字も見つけた。

<考察>さかさ帚!?いや、?これが本来のほうきを使うときの、ほうきの位置だが、、、

左右反転は、シンメトリーの甲骨には頻繁に登場するので同じ意味で解釈ができるが、上下は意図的であり、何かしらの意味をもつ(変化、虎虎など)そもそも、箒をシンボルとして羽を上部にしているのが象徴的な文字。

現代では掃除機ダイソンの下を上にして立てかけない笑であろう。

動物と組み合わせた文字もある。

牛と帚と又

甲骨文の中では

「我の田を侵せり、、、」などの

侵略行為の文が刻まれている。

婦好は軍事などにも活躍した。

まるで武装するギリシャのアテネや

弟を戦闘モードで待ち構える天照のように。

女性は強かった!?

お宮をまもってくれるひと(女性) 

その力は侵すという文字にも!“

箒のシンボルは東洋だけではなく西洋にも、

そして我が国の

「魔女の宅急便」は空まで飛べちゃう!

レレレのレー

寝室に帚、寝殿に帚

帚(ほうき)を二つ、鳥いのように並べたサインもある。

この小点は、タダの塵、埃ではないだろう

小点の酒か、、、祭祀か。

お祓いにおいて、

神職のもつ大幣は、紙と麻。

様々なお浄めがあるが、

羽の威力は絶大であろう。

トイレの神さまは、もっていたかもしれない。掃除すれば、きれいになる。

わ、冬の御布団はあたたかい。あ~寝てる場合じゃない!笑

原子力発想 寝

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画