012六 甲骨365

January 12, 2019

平成31年1月12日(土曜日)20190112太陰太陽暦1207己酉46

原姿力発想009お宮1六

 

六番目の月。

六月は午の月。

熱い暑い。

寒い冬に熱い話。。。

 

 

 

お宮の上部の屋根は、六の起源でもある。

 

 <易経考察>易の爻辞(こうじ)は6つのステージがある。

 

初爻(しょこう)、二爻、三爻、四爻、五爻、上爻(じょうこう)下の爻から上の爻へ読み進めていく。

 

下から順に読む順序の時間軸は、縦長の甲骨文(長細い肩甲骨、獣骨)と同じだ。

 

 

下から上へ、潜龍(せんりゅう)→見龍(けんりゅう)→終日乾乾→躍龍→飛龍→亢龍(こうりゅう)禅の十牛図のような円を描き、輪廻転生、栄枯盛衰をくりかえす。

 

12か月の中の6は、中央。

六番目の月。。。

 

数字の概念は、甲骨文字に既にあり。

12か月の暦は基本であるが、閏月などの影響か、13月、また14月の数字も刻まれている。古代から暦の安定は人間にとっての重要課題である。我が国の江戸時代でも数十回暦の改訂を繰り返している。太陽系と月と地球のくるくる思考。先人たちの気の遠くなるような試行錯誤の実験に、勇気と感謝をの気持ちをもとう。

 

六月が刻まれた甲骨文

↓補451=合3290

 

貞于來乙酉酒六月

 

貞う。

來たる乙酉(22)の日に、

酒(祭祀)せんか。

六月。

 

6月の酒まつり。

美味なる酒を酉(酒の象形)の日に。

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の驚異は、現代と同様、人知を超えた力をもっていた。

自然を端的に制するのではなく、われわれは共存する未来を選んだ。

お宮の建設者、祖先に敬意をはらう~それは六柱の祖先神として刻まれていた。

 

⦿六元示記載甲骨 合14829 

 

 

 

補足⦿元旦の「元」はヒトの頭部を強調した象形であり、「はじめ」「始原」を意味する。遠い祖先神の集合体「元示(匚乙・匚丙・匚丁)」や「六元示(上甲・元示・二示)などの用語が刻まれており、祭祀名や地名としての用例もあり。重要な原始甲骨文字のひとつである。⇒人項目(8月8日紹介予定) 六 数字の6(ろく)

 

 

空を見上げる。雨を凌ぐ、明日晴れるかな。

忘れてはいけない。自然は味方だ。

 

宮の金文の中には「龍」がいる。

 

こいつは地鎮祭で鎮めたはずの土地の蛇。

 

身体の中でいえば、予測不可能のクンダリーニ。

なるべくコントロールしたい。

 

そう、だけど突然、意味もわからずに、、、泣きじゃくったりする。

彔、ロック、六、6、ぼくは味方だ。

 

彔(ろく)な水分・杉田水分名義の2000年初頭のソロアルバム。

6枚目だから、彔とかけて、ロックな音楽。

ベックに影響を受けてる感じ。

 

ブリティシュロック大好き少年だったんだ。

 

あの頃の自分に、

 

6(ろっく)の深さをもっと!もっと!

 

 

 

原姿力発想009お宮1六 了。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事