036帝 甲骨365

平成31年2月5日(火曜日)20190205太陰太陽暦0101癸酉10

原姿力発想036祭祀05帝

帝は雲になる。

火を焚くまつりにおいて、

その煙は、空高く上がってゆくから。

T(示)案の足は縦線一本だが、帝は三本のしっかりした足を持つ安定したテーブルだ。

豪華な祭祀の卓といったところか。

それは、6つの雲か。天を覆う(宀)ような雲なのか。

犠牲は神聖な牛を用いたりもする。

帝に知恵の矢。

帝の上に虎がしら

威厳と権威は、猫じゃらしのようなもの。

牙の鋭い虎頭で、遊戯する。虚を掲げる!?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画