038多 甲骨365

February 7, 2019

平成31年2月07日(木曜日)20190207太陰太陽暦0103乙亥12

原姿力発想038祭祀07 多~◎◎

 

シンプルな文字ほど、用語の使用が幅広い。

祭祀で捧げた肉は(タ)の造形である。

肉が二つで「多」となる。

 

肉ひとつでも立派な祭祀儀礼が斎行される↓甲骨文例

 

 

多いは、雨の形容詞となったり

 

 

 

職名。人々のチーム名に冠せられること多し(笑)

 多○

 

Trace

月は三種類。にくづき。身体関係~臓器の月。三日月。

骨と肉。太陽と月。

 

元代の鮮于枢(せんうすう)んの肉の内側が、

意外に甲骨文字の「タ」にも似ていた。

 

數前年の歴史とのコラボレーションを楽しむ~。

ああ、

おいしいお肉、食べたい。

 

原姿力発想038祭祀07 多 了

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事