048 工 甲骨365

平成31年2月17日(日曜日)20190217太陰太陽暦0113乙酉22

原姿力発想048祭祀17 工

工とは何か?北魏ぎゅうけつ、気合で刻む。その「匠」の技。

歪に見える拓本も、刻んだ後をなぞれば、彼の本気度が見えてくる。

深いところ、見えない大事なものを見つめたい。そして、高野山で手に入れた空海翁の<独鈷>を手にして考察する。

空海翁は、何のために、工するのか。

工する目的。使命。

モノに命が宿り、大切な世界を構築すること。

踊らされる現代人には喝を入れる、ニンゲン空海の創造だ。

工とは何か。

甲骨文Trace、まるで発破をかける。それは掘削工事?ダイナマイトか、、、

甲骨文では文字がシンプル化されるのが多いが工は下に□が刻まれている。

また、工典と刻まれていることから、祭りに奏上する典籍であることもわかる。

祭祀においても、お宮の保護するためにも

職人たちの匠の技が重要である。

そして空海が手にしているもの。

この独鈷が「工」ではないか!?

神職でいえば「笏(しゃく)」

「工」は何千年を経ても、良いものをつくる。

良工先利其刀

能書必用好筆

刻婁隋用改刀         金婁

臨池逐字變筆

良工は先ず其刀を利くし

能書は必ず好筆を用う

刻と婁と用に随って刀を改め        

池に臨めば字を逐って筆を變(か)う 

空海「春宮献筆啓」 

空海の言葉 空海 言葉の輝き

原姿力発想048祭祀17 工

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画