058 啓 甲骨365

平成31年2月27日(水曜日)20190227太陰太陽暦0113乙未32

原姿力発想058祭祀26啓 はじめ、ひらく門 啓く~泉まで2月終わり

神社の朝の作務は、お宮の扉を開くことから始まる。

門や戸にまつわる甲骨文字をトレースしていくと、その扉に必要な「古代の祈り」が想像される。生活の為に、そして閉じられた向こうの世界へと、導かれるその大事な境界線である。

その門の扉(戸)を啓(ひら)くと、、、

とびらを開く

そこに晴れた開かれた世界が広がる。

このイメージは古代から変わらない。

ドアをノックするのはだれだ?

誰かがきみのドアをたたいてる。。。

普遍的な原姿力発想 啓 了。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画