067奉 甲骨365


平成31年3月08日(金曜日)20190308太陰太陽暦02010112甲辰41

原姿力発想067草木08  奉納

求むから、

演奏の「奏」

そして奉納の「奉」

すべて、木の根っこが基本となった大切な

自然の文字である。

下部は、土。

今は亡き、白川翁に相談できないのが残念、、、、泣。。。

甲骨文に、しつかりと刻まれている。

奉納する。

奉仕する。

こんな所作をできるのは人間だけである。

絶滅した生物と、人間に大きな違いは

「神」を創造したこと。

見えないものを見ようとしたこと。

その想像力が、人間らしさである。

原姿力発想067草木08  奉納 了。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画