078木申木 倒木への祭祀

平成31年3月19日(火曜日)20190217太陰太陽暦02010113乙卯52

原姿力発想078草木19 木申木  倒木への祭祀

本日の文字は、現代は使われていない亡失文字。原始の風景が蘇る文字である。

以前、

修験道の立石翁に会いに、和歌山へいったときのこと。熊野古道ではない、ホンモノの熊野けもの道。

時たま、熊野古道に出ることもあるが、ほとんどは地図にない道、道?

そう、紐や、鎖、そのむこうに名前の無い美しい滝。

あの滑り台では溺れかけた笑

そして最後に見たのが、倒木。

風や台風の後遺症か。。。巨木が折れたその場所は神秘の聖地であった。

花53 祭祀対象:倒木か?[説文なし]

[音]シン 楷書(木申)[訓]木が枯れて倒れること

戊卜、以レ酒 鬱レ(木申) 花53

戊卜す、酒もちて、(木申)に鬱せんか [甲骨文用法] 祭祀対象 酒を灌ぐ祭。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画