top of page

084 おもう 木を見る

平成31年3月25日(月曜日)20190325太陰太陽暦02010119辛酉58

原姿力発想084草木25  相 想う

憶う。思う。想う。念う。懐かしくおもう。

おもう ことはニンゲンにととって、大きな希望となる。

それは時に,思い込みや、想いが強すぎて、、、

絶望も呼びこんでしまうかもしれない。。。

木を見て森を見ず。

しかし木の細部に目をこらして、

その細胞の奥底にの広大な宇宙もまた、

壮大な森であろう。

蘭亭序の「おもう」の考察は、

前回のブログ(3月3日王羲之)にて。

木を見て、自然のエネルギーをいただく。


木にのぼって、目を見張る。監視や偵察の意味もあるだろう。

参考「乗」~古代文字

四邑を視察。

大木(たいぼく)は御神木(ごしんぼく)である。

原姿力発想084草木25  相 想う 了。

Коментарі


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page