088 竹 甲骨365

平成31年3月29日(金曜日)20190329太陰太陽暦02010123乙丑02

原姿力発想088草木29 竹

竹は古代から大切にされてきた。古典では竹取物語。楽器では尺八。

垂れ下がった竹の葉っぱの表現は、水墨画でも印象的に描かれる。

竹簡、木簡に文字は書かれ筆も生れる。

のちの書文化に大きな役割を果たした。

甲骨文字から竹と古代人との対話を想像するのもたのし。

以前、ご奉仕させていただいた鎌倉のお宮:葛原の小山の裏の山では、たくさん捕れる竹のこ。根っこが下部で繋がっている。ひとつ掘り当てると、どんどんとれる!!!

※金文の字形は、根っこで繋がる。

SS金文はタケノコが地面の下で繋がっていることを示す(二)が鋳込まれている。地面の奥まで描く、その観察力と表現。これが古代人の探究、自然との付き合い方であった。

そう、ちょうど、これからの時期 4月になるとっ、たけのこ御飯!美味しい!

原姿力発想088草木29 竹

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画