<番外編>3月3日。曲水の宴に、乾杯!

<番外編>蘭亭序0303

そう、毎年3月3日は、甲骨文字で、蘭亭を。353年(永和9年)3月3日、

 

もう何年もこの名文と向き合っているが、

いつも感動する。

 

その内容も、勿論。

文字の使い方も。

 

甲骨に変換する方法は、毎年違う。

 

新しい文字は

いくつもの甲骨文字を当てて再考する。

 

 

 

最高のひととき。

曲水の宴に、乾杯!

 

 

 

 

蘭亭序(らんていじょ)とは、王羲之が書いた書道史上最も有名な書作品。

 

 ...353年(永和9年)3月3日、名士や一族を名勝・蘭亭に招き、総勢42名で曲水の宴を開いた。その時に作られた詩27編(蘭亭集)の序文として書いたもの(草稿)が「蘭亭序」である。王羲之は書いたときに酔っており、後に何度も清書しようと試みたが、草稿以上の出来栄えにならなかったと言い伝えられている。いわゆる「率意」の書である。28行324

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

<番外編>令和 甲骨文字

March 31, 2019

1/10
Please reload

最新記事

September 21, 2019

April 30, 2019