044 追と歸 甲骨365

平成31年2月13日(水曜日)20190213太陰太陽暦0109辛巳18

原姿力発想044祭祀13 追う、と、歸る

明治、大正、昭和、平成、

甲骨文字に「昭和」の起源を求めると「召方」という敵対勢力に突き当たる。

その地域「召」と呼ばれた勢力を追い伐する記述が甲骨文には見える。

甲骨では、𠂤と足(止)に従い、軍隊を象徴する𠂤(たい)と、進行を象徴する足のカタチから、敵の軍隊を追うことを意味する。

礼器碑158年の「追」

 隷書八分体を見れば、「𠂤」の上部の点がいらなかったこと。甲骨文に近いこと。偶然か必然か。

正しい文字の継承を感じることができる。

また、「追」は、人名用例としても刻まれている

そして、𠂤(たい)関連文字として重要な「帰」という文字

旧字は「歸」であり、𠂤と帚(婦の象徴)で成り立つ造形である。

遠征から軍隊が無事に歸るといかえり、その婦人に報告する意味を持つ。

遣唐使、帰還、追撃、師匠と、𠂤(たい)にまつわる文字を取り上げた。

今の漢字には存在しない文字と共に考察すると、

この𠂤(たい)が祭祀において、いかに重要なものであったのかが理解できる。

大地に行軍することは、現代では宇宙に飛び立つ覚悟のようなもの。

その時の生命維持装置としての、食糧(祭りの肉)、さらに

無地帰還したあとの報告儀礼。

さあ!

流行りものを一掃!

16世紀 のこうりききも掃いてしまいたい。

カッコつけただけの書は、現代でもなぜか喜ばれる。

産まれたばかりの文字の眞實ではなく、ただただ筆遊びの結果。

未来を切り開くために、断舎利、書道界も大掃除が必要だろう。

豊かな原始発想力は現代の「宇宙への旅」にも有効だろう。

そして婦と歸は似ている。

清代 達受 篆書八言聯

帚が、金文、甲骨に近づく。

かえる場所がある。それはとてもしあわせなこと。

原姿力発想 追と帰 了。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017Project.All rights reserved.    <suiibun@suibun.net.>

HOME

  • Suibun“薪”Blog
  • Beatles×「言霊[kotodama]」
  • Suibun Facebook
  • InstagramSuibun Black Round
  • Twitter Black Round
  • Suibun動画